ホーム » 経営方針

経営方針

揖保川中学校 経営方針

(1)命と人権を大切にし、共に生きる心を育てる。
(2)基礎基本の定着を図り、問題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等を育み、主体的に学習に取り組む態度を育成する。
(3)夢や目標の実現に向かって、努力しようとする意欲を育てる。
(4)家庭や地域と積極的に連携を図り、開かれた学校・地域に信頼される学校づくりを進める。

令和2年度の重点事項
(1)学力向上対策の推進
個に応じた学習を推進し、基礎・基本の定着を図るとともに、主体的・対話的な学習やユニバーサルデザインを意識した授業を積極的に導入し、生きて働く知識・技能の習得や思考力・判断力・表現力等、新しい時代に求められる資質・能力を育成する。
(2)特別支援教育の推進
学校生活支援教員が中心となり、発達障害等のある特別な支援を必要とする生徒には、個別の支援計画・個別の指導計画に基づき、生徒の障害の種類・程度・特性を把握・共通理解して特別支援教育(基礎的環境の整備や合理的配慮の提供を含む)を推進し、社会の一員として主体的に生活を営むことができる力の育成に努める。
(3)道徳教育・心の教育の充実
よりよく生きるための基盤となる道徳性を養うため、心に響く魅力ある道徳教育の実践に努める。また、命の大切さを実感したりいじめ予防を推進したりするための「心の教育」を充実する。
(4)人権教育の充実
様々な人権課題に対する正しい認識を通した人権意識の確立や、自己実現と共生をめざす人権教育の推進を図り、学校や地域の実態を踏まえた人権尊重の学校文化を築く。
(5)勤務時間の適正化
「ノー会議デー」「ノー部活デー」「定時退勤日」の実施により勤務時間の適正化を図り、教員がゆとりをもって子どもとしっかり向き合う時間の確保に努める。

令和2年度の努力事項

(1)生徒指導・教育相談
組織的な指導体制の充実を図り、生徒の自主・自律の精神を育むとともに、心の通い合う指導を通じて生徒の内面理解に努める。
(2)進路指導・キャリア教育
自己実現をめざした進路選択能力を育成する。また、将来の生き方・働き方を考えさせ、社会的自立に向けたキャリア形成の支援に努める。
(3)特別活動
自主的・実践的な活動を活発にし、人としての在り方・生き方についての自覚を深め、自己を生かす態度を育てる。
(4)総合的な学習
計画的実施の下、特色ある教育活動の展開に努める。
(5)情報教育
情報教育の推進体制の確立を図り、情報活用能力及び情報モラルの育成を図る。
(6)体育・スポーツ、文化活動
生涯学習の視点に立ち、体力・運動能力の向上及び感性を高め、豊かな情操の養成に努める。
(7)健康教育・安全教育
生涯にわたる健康の基礎を培うとともに、学校安全を徹底し、生命尊重の精神を養う。
(8)防災教育
阪神淡路大震災、東日本大震災等の教訓を踏まえ、自分の命は自分で守ることや生き方を考えさせる。
(9)今日的教育課題に対応した教育
①国際理解教育・・・異なる文化を理解し互いに尊重し合い、国際的視野に立って主体的に行動するために必要な態度・能力を育む
②福祉教育・・・福祉の心を育て、福祉活動に取り組む意欲を育む。
③環境教育・・・環境問題、特に地球温暖化・原子力発電を含むエネルギー問題と環境汚染についての理解を深め、エネルギー需給を視野に入れたよりよい環境の創造に向けた実践的な態度を養う。
④食教育・・・ 生涯を通して食の大切さを理解し健康を維持するため、給食の時間等も活用し、食育を充実させる。
(10)「トライやる・ウィーク」の成功に向けて、家庭・地域社会と一体となって取り組む。